契約書における公序良俗

納得できない条件 個人や企業間で取り交わされる契約書は、基本的には民事不介入の原則により内容そのものが違法ということにはなりません。 どのように不平等な内容になっていたとしても、両者が合意をしていればその契約書は有効とな… 続きを読む »

もし契約書をなくしたら

詳細を定める大切な文書 契約書は個人の場合も法人の場合も、その後継続する取引の内容についての詳細を定める大切な文書です。 契約書の内容については不法行為にあたる部分は無効になるなどごく一部の事項を除き、法律などで規制を受… 続きを読む »

雇用契約と就業規則

大きなトラブルを防ぐことができる 契約書にはさまざまな種類がありますが、私達がどこかの企業に勤務をしたりするときには必ず「雇用契約」を交わします。 企業にとってこれから雇い入れる人に対して、条件や環境などについて明確に示… 続きを読む »

契約書の保管について

取り出せるように整理整頓 契約書は企業間や個人対企業の取引内容を書面として残す、大変に重要なビジネス文書です。 契約書となる文書は法律的に大きな規制を受けるものではないので、その取引に関しては契約書面に定められる条件が何… 続きを読む »

契約書に盛り込む内容

自由契約の原則にもとづき 契約書とは、単に定型的に交わす書類ではありません。 その取引に関わる重要な項目について、あとで言った言わないといったようなことにならないために、厳密に起こるべき事態を想定して記録し証文をとってお… 続きを読む »